トランクルーム、引越し、荷物預かりならWAKOにお任せ!

環境方針

循環型社会3Rへの取り組み

循環型社会3Rへの取り組み

 昨今、循環型社会を形成するための3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取り組みが、いろいろな場面で展開されるようになりました。
 当社としても循環型社会を形成するために、3Rへの取り組みを、事務所で使用する用紙1枚に始まり車両の装備品に至るまで、「廃棄物の削減を行い、環境負荷低減企業を目指そう」をテーマに積極的に行っております。

例えば、引越に使用するダンボールケースの3Rについてご説明させて頂きます。

● Reduce(リデュース)・・・減らす
洋服等の梱包は繰返し使用出来る専用資材(ハンガーボックス)を使用して梱包しており、軽量の衣装ケース等は中身をそのままにして運んでおります。(※タンスの中身は破損防止の為に梱包が必要です)

● Reuse(リユース)・・・再び使う
 引越で使用したダンボールは後日当社で回収選別して、リユースダンボールとして御希望のお客様に配布させていただき再び使用しております。

● Recycle(リサイクル)・・・再資源化
 回収選別して再使用が不可能なダンボールは、古紙専門回収業者に回収をお願いして再資源化しております。

このように当社では、「 1.リデュース(ごみの発生抑制)、 2.リユース(再使用)、 3.リサイクル(ごみの再生利用)の優先順位で廃棄物の削減に努めるのがよい」の考え方ももと、循環型社会を形成するための3Rに積極的に取り組んでおります。
(※写真は、古紙専門回収業者にて回収の様子です)

アイドリングストップ

アイドリングストップ

アイドリングストップ とは自動車が走っていない時(停車時)にエンジンを止めて、無駄に燃料を消費しないことです。駐停車時でのアイドリングストップは、現在多くの自治体で条例を定めて推進されています。しかし、信号待ちでのアイドリングストップは、路線バスや宅配便などを除いて、自家用車ではほとんど実施されていないのが現状です。

CO2を排出するエネルギー消費を見てみると、自動車がエネルギー消費の約21% わが国のエネルギー消費量のうち運輸部門が24.4%。さらにその運輸部門の中で自動車のエネルギー消費量が87.1%。つまり自動車が、日本のエネルギー消費の21%以上を占めています。

信号待ちでのアイドリングストップは、ほんの5秒間でも省エネに効果があるのです。アイドリングストップは、我々一人一人が簡単に出来る省エネルギー、地球温暖化防止への取り組みです。


アイドリングストップの効果
1時間のアイドリングで,約1〜1.5リットルの燃料を消費し,約500g〜1kgの二酸化炭素を空気中に排出することになります。